現実と娯楽を目的とした映画やアニメ、ゲームなどの二次元的なツールとの境界線が曖昧になりつつある現代では

シミュラクルな画像やイメージが氾濫し、遺伝子のような情報伝達により、現実として我々の記憶や思い出に変換される。

ここ10年で情報を触覚的に操り発信するスマートフォンやSNSが普及した。

私は幼い頃からゲームやスマートフォンや映画などを快楽的なツールとして扱い、現実逃避をするように

執着し遊んでいた。今や私が体験していた感覚に近い快楽先行の表層的なイメージがSNSなどで広がっている。

それにより様々なコンテクストから抽出されたイメージが同じ枠組みの中で降り続け

元来そのイメージが持つ意図や固有名から離れ、memeのように使用可能な道楽的ツールとして立ち現れる。

そこではそのイメージが持つ本質などには目を向けられずそのイメージの表面性や意図しない部分に

焦点が当てられる。それは大衆の快楽主義的な需要でありこの事こそが現在のリアリティであると感じる。

私は様々なコンテクストからアプロプリエイトし、時に画像を3Dモデリングで再構成し作品に流用している。

アプロプリエイトされたイメージ同士は別の文脈から引っ張られてきたことによる違和感や歪みが生じ、

不気味さやキッチュなものを内包する。

しかしこの違和感やキッチュさは現在の多様性を持った現実の顕在化されたイメージである。

肉体が存在し肌で感じてはいるが、現実から逃避したり物理的に把握しきれない事により意識の外に存在するような現実、

表面性のみが重要視されるイメージの本質や内包するものが見えづらい表層的なSNSや二次元のメディアの情報、

これらの対蹠的なものが同等に存在し、メランジュのように混在する現代のグレーな領域の可視化や、

memeやGIFなどをモチーフとして扱い、二次元性の現実逃避媒体としての価値や可能性の提示を行いたい

                                                                                                                     山本 和真

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now